都営バス資料館

  • フルフラットノンステップ続報

    フルフラットノンステップ続報

    交通局が平成30(2018)年秋に導入予定のフルフラットノンステップバスについて、ボディを架装するボルグレンの公式サイトに続報が掲載された。 ....

  • フルフラットバス、ZFのATを採用

    フルフラットバス、ZFのATを採用

    Resopnse.jpの記事によると、平成30(2018)年秋に登場予定のフルフラットバスのATとリヤアクスルにZF製が採用と2月28日にZFが...

  • 2月25日、東京マラソンに伴う大規模規制

    2月25日、東京マラソンに伴う大規模規制

     平成30年2月25日 (日)、東京マラソン2018が開催されることにより、大規模な迂回が実施される。 主に靖国通り・日比谷通り・中央通り・江戸...

  • 2/11、建国記念の日奉祝パレードに伴う迂回

    2/11、建国記念の日奉祝パレードに伴う迂回

    平成30(2018)年2月11日(祝)、表参道で各大学のマーチングバンド中心にパレードを行う「建国記念の日 奉祝パレード」に伴い、[早81]早大...

  • M190の復刻ラッピング解除

    M190の復刻ラッピング解除

     都営バス90周年を記念して渋谷・巣鴨に登場した6輛の記念・復刻ラッピングのうち、巣鴨のP-M190の都電共通カラー(クリームにマルーン帯)のラ...

  • 平成29年度(C代)車 1次車登場

    平成29年度(C代)車 1次車登場

    平成29(2017)年11月15日に、路線車の新車となるC代1次車が臨海に3輛納車された。局番はR-C272~274で、入札ではいすゞ自動車が7...

  • CNGバスのラストラン

    CNGバスのラストラン

     平成30(2018)年2月7日、臨海に最後に残っていたCNG(圧縮天然ガス)バスが運用を終えて全て引退した。平成7(1995)年度のA代車から...

  • 1/27、最後の富士重ボディ車のラストラン

    1/27、最後の富士重ボディ車のラストラン

    交通局は、平成30(2018)年1月27日(土)に最後の富士重工ボディ車となった北営業所所属のK468のラストランイベントを行うことを公表し、あ...

  • 1/28、新宿シティハーフマラソンに伴う迂回

    1/28、新宿シティハーフマラソンに伴う迂回

     平成30(2018)年1月28日に第16回新宿シティハーフマラソンが開催されることに伴い、国立競技場付近の外苑東通り・外苑西通りがコースとして...

  • 一般車の方向幕車が全て引退

    一般車の方向幕車が全て引退

    平成30(2018)年1月28日の運行をもって最後に残った一般車の行き先が方向幕車であるT-H161, 162が最終運行となった模様だ。方向幕車...

  • 1/12、青梅だるま市に伴う迂回

    1/12、青梅だるま市に伴う迂回

     平成30(2018)年1月12日、青梅の中心街で毎年恒例の「だるま市」が開催されることに伴い、旧青梅街道(住江町交差点~市民会館前交差点)が通...

  • しおかぜ用新車が秋に登場?

    しおかぜ用新車が秋に登場?

    江東区コミュニティバス「しおかぜ」用の新車が本年(2018年)秋に1輛登場の見込みとなった。 平成17(2005)年度に登場した初代専用車のCN...

  • 大雪に伴う迂回など

    大雪に伴う迂回など

    平成30(2018)年1月22日の午後から東京地方に降り続いた大雪により、都営バスも大きな影響を受けた。 降雪により坂道を中心に都営バスや他社の...

  • 交通局、平成30年度予算案を公表

    交通局、平成30年度予算案を公表

    平成29(2017)年11月に、平成30(2018)年度の予算原案が交通局Webサイトにて公開された。 予算の基本方針としては、現在の経営計画の...

  • 北の運転席前局番用紙の標語、第二弾

    北の運転席前局番用紙の標語、第二弾

    北営業所の各車の運転席ダッシュボードに掲げられる標語+局番が平成29(2017)年12月頃より新しいものになっている。 昨年の2月頃に事故防止の...

  • フルカラーLED、渋谷で既存車に追加交換

    フルカラーLED、渋谷で既存車に追加交換

    平成29(2017)年12月より、渋谷のT代以降の車が順次フルカラーLED装置へ交換されている。既に6~7月にかけて、渋谷・江東・深川の一部の車...

都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top